クセジュ2021年 新学期のトビラ

(最終更新日

3月から
クセジュで新学期!

クセジュは成績を上げる、受験を突破するという目標だけでなく、その先にある 
○ 学びの楽しさを追求することで生涯学び続けることができる
○ 「学び」を通して自ら学ぶ姿勢を身につけることができる
○ 大きな視野で物事を考えることができるようになる

という3つのポイントにこだわりながら、約40年東葛飾地区で教育活動をしてきました。

2021年3月から全学年新学期がスタートしますが、クセジュの特徴は以下の3つ(クセジュ学習システム3本柱)に集約されています。
3月からの新学期クセジュのトビラを開いてください。

 

セジュ学習システム3本柱 ①
 クセジュが提唱する6つのチカラ

A 知識の定着と根本理解
B 身につけた知識を組み合わせて応用する力

C 思考力(状況は握力、判断力、視点切り替え力、抽象化力など)

D 読解力(正確に読み取る力、文脈から読み取る力)

E 表現力(記述力、プレゼンテーション力)

F 独自の発想力、創造力

をバランスよく身につけるオリジナルカリキュラム。そしてその中で自然に引き出される知的好奇心を育みます

 生徒の声  

  • 授業では  楽しく学べ  濃い内容我孫子教室生徒作品)
  • 社会の授業では、知識だけで終わらず「なぜそうなったのか」「今はどうなっているのか」など1つの事を深く掘り下げていくのが楽しい。
  • 1つの本を読み進めていくと、その本を書いた人の気持ちや言葉など、1つの本だけでたくさんのことを知ることができて楽しい。
  • 映像を見ながらグループで意見を述べたり、反論したのが楽しかった。
  • 理論立てて教えてくれるので、後から何でこうなったんだろうと考えることもなくなり、友達にも説明できるようになった。
  • 日常の当たり前のことに疑問が持てるようになった。
  • 以前より親や友達に説明しやすくなった。
  • 国語の授業は毎月小説やオリジナルテキストを使って設問を解くので、読解力がついて学校のテストでも点数が取れるようになった。
  • 今まで本をあまり読まなかったけど、国語の毎月の本がきっかけで本が好きになった。
  • 授業ではディベートなどがあり、自分の意見に対して全く違う見方から意見を言ってくれるから、いろんな見方ができて楽しい。
セジュ学習システム3本柱 ②
授業の受け方を中心に基礎学力定着を目指し、学校と塾を両立させる
クセジュ・オリジナルアクティブラーニング法
 “ クセジュ流AL型学習法 ”

授業を最大の学びの場に据え、4つのステップで知識の定着、演習、さらには復習法などの基本ベースを定めています。
自分なりの学習法に自信がない人はまずはクセジュ流AL型学習法を試してみるところからスタートしていきます。

 生徒の声  

  • 受けていて  ペンが勝手に  動き出す新松戸教室生徒作品)
  • AL学習法を使ってノートを作れるようになり、塾に入る前よりも内容が頭に入っていくようになった。
  • わからないところが何なのかを「見える形」することができて、授業の理解度が上がった。
  • ただ板書をするだけでなく、AL学習法をすることで授業の集中力が高まり理解力がアップする。
  • 定期テストや高校受験ではなく、将来まで見据えた塾。学習の仕方などから徹底して教えてくれるのでやる気がわいた。
  • まずは自分で調べるという習慣が身に付き「わからない」ことの数が減った。その結果勉強がはかどるようになった。
  • 人よりも少ない量で質のいい勉強ができる。
  • 学校の授業の受け方や自主学習の仕方がわかり、効率よく勉強できるようになった。
セジュ学習システム3本柱 ③
インプットだけでなくアウトプットも意識した授業システム
 “ 6プラスone ”

授業の回数を増やしても覚えることが多すぎて飽和状態になってしまいます。
そこでインプットの時間とアウトプットの時間のバランスに配慮して、過去の指導経験から毎月の授業の回数とテストやアウトプットの時間を固定し、授業以外の日に様々な角度からの指導ができるような体制をとっております。

 生徒の声( 6プラスoneを受けた感想など )  

  • イベントが  いろいろあって  楽しいよ江戸川台教室生徒作品)
  • 1回のテストと毎週のチェックテストでテストが身近に感じられ、リズムができた。
  • 授業以外の日があるので先生にいくらでも質問ができる。
  • テストをただやり直しするだけでなく有効活用できるようになった。
  • 理論授業では普段教わらない先生の授業が受けられるので楽しい。
  • オンラインの指導(自宅学習)もあり、時間を有効活用できる。
  • 授業以外の日に自分の進路や将来のことを考えるイベントがあるので、勉強に対するやる気が上がる。
その他、学年やお子様の年齢に応じたオリジナル指導法、
クセジュ独自の様々なイベントなどがあります。

□ 中2  職業紹介イベントの感想
社会で活躍するクセジュ卒業生の名をお招きし、「働くとはどういうことか?」というテーマについて自分なりの解釈を踏まえつつ、お仕事の内容を紹介して頂きました。
今回はテレビ局ディレクター、お医者さん、そして海外在住の商社勤務の方のお話です。

3人の方から伝わってきたメッセージは、私にとってとてもかけがえのないものでした。卒業生の方々が職業に関して大切なことを教えてくださったので、「はたらく」ことについての理解が深まりました。また、身のまわりのあらゆることについて、「働いてくれる方が居るんだな~」と感謝をするようになりました。中学生へのメッセージではとくに、青柳さんのお話が心に残った。また、細川さんや佐々木さんの「今の勉強は無駄にならない」という考えが、私の扉を開いたかと思います。そして、1日1日を大事にしようという気持ちがさらに高まりました。
鈴木先生もおっしゃっていましたが、世界を相手に仕事をすることを考えて学ぶということが、とても心に残りました。今学ぶことに先を見据え、何に対しても挑戦すること、努力することを忘れず、頑張っていきたいと思います。
今日は今までにないような体験をさせていただきありがとうございました。私の将来について少しずつ理解が深まっているような気がします。私は働くのが楽しみでもあり、未知の世界でもあります。より詳しく知れるように、これからもいろいろとよろしくお願いします。
実際に働いている人からの話が聞けて良かったです。苦労や、やりがいなどの生の声は普段わからないのでいい機会を頂けて嬉しく思います。この先どんな職業ができるのか、何になることができるのかまだまだ不透明な部分もありますが、今日のお話を参考に色々と探ってみたいと思います。改めて本日は貴重なお話ありがとうございました。
将来なりたい職業があるけど、今回のお話を聞かせていただいて、色々な職業とその側面を知る良い機会となりました。これからの学校生活や受験勉強にも活かしていきたいです。

□ 中学生対象  大学学部学科紹介イベントの感想
職業紹介を踏まえて、大学はそもそも何をするために行くところなのか、大学に入ることが目的ではなく入って学ぶこと、社会で役に立つスキルを身につけることが目的であることを様々な角度からお話しました。
実際に大学に通う卒業生にも協力してもらい、大学に通う目的を理解し、大学のイメージを鮮明にする会でした。

私は「大学とは何か」という点が曖昧だったので、この講座をうけて大学とは何者か分かりました。とくに「自分の好きな分野を研究できる」ことや「スケジュールはオール自己管理」という部分で、大学に行くことが楽しみになりました。
大学に行く意味や選択肢など、様々な話を身近な先生含めたくさんの方から聞くことが出来て、とてもためになりました。私はまだ将来の夢はないので、今回の話を参考にして、この機会に少し考えてみたいと思いました。ありがとうございました!
今回のことを通して大学に行くことで将来の選択肢が増えるということを知ってそういう考え方もあるんだということがわかった。また私は将来薬剤師になりたいと考えているので、研究という流れについて詳しく知ることができたのでよかったです。
大学について、いろんな人たちに話をしていだきました。やはり大学に行った方が視野が広がると思うので大学には行きたいです。この貴重な話を今後の生活に活かせるようにしたいと思います。
いつもより関心を持って取り組めた気がします。行きたい大学は何となく決まってはいたのですが、学部の事は考えておらず、それを踏まえて再び深く考える必要があるなと感じました。とても役にたつ会だったなぁと思います。

    ※2020年度のイベントは密を避けることを優先し、Live配信にて実施しています。

3月から新学期が始まりますが、入塾説明会や体験授業などの新学期募集イベントはイベント情報で随時ご案内いたします。
○ イベント情報はコチラ

各学年の指導方針やイベント内容等の詳細は、下記学年情報をご参照ください。
○ クセジュ学習システム3本柱コチラ
○ 小学部はコチラ
○ 中学部はコチラ
○ 自宅学習コースはコチラ

○ クセジュがよく分かる!
クセジュMOVIEはコチラ

○ 高校部はコチラ

※ 対面イベント・授業について – 新型コロナウイルスの感染拡大防止に最大限配慮しながら実施しています。各イベントにご参加の際はマスクの着用をお願いいたします。
※ 使用画像は一部2020年以前に撮影された素材も含みます。