学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

東葛飾中受検対策クラス

Tクラス東葛飾中合格実績:
2016年…4名(一次通過9名)
2017年…1名(一次通過6名)

もともとクセジュでは一般的な私立中学受験の対策指導をしていません。その理由はクセジュ教育理念の三本柱を実践するにあたり、中学受験指導が支障をきたすからです。特に解法のパターン暗記、数多くの反復トレーニングによる‘詰め込み式の勉強’は知識や技能の背景理解を滞らせるにとどまらず、それらを主体的かつ自由に組み合わせて臨むハイレベルな問題解決にも負の影響を及ぼします。中学受験指導は時間的な制約が邪魔して、知識や技能の背景理解を疎かにし、応用問題を解く際に知識や技能もセットで覚え込まされます。それによってある程度の応用問題はパターン化して解けるようになりますが、初見の問題は全く対応できなくなります。このような姿勢が定着すると初見の問題解決がメインになる社会人になった後の40年間、人生で一番長い40年間に多大な損失を被ることになります。

しかし、公立中高一貫校の検査問題は「その場での思考力が試される問題」「記述式の設問」が主流で、クセジュが十数年間に渡り実践してきた小学部独自の教科枠、ヒューマンサイエンス・ナチュラルサイエンスで育成される力とマッチする部分が多く見られます。また、クセジュ中学部が地元トップの公立高校である東葛飾高校へ地域ナンバーワンの進学率(2016年度入試では、中3在籍者244名中54名が合格)で生徒を送り出していることから、ご家庭からの要望も高まりTクラス開講へ至りました。

Tクラスについて

クセジュ小学部Tクラスは小6から設置しているクラスで、柏教室で実施しています。授業へ参加するには、年に2回(新学年時と夏期)実施される選抜テストに合格する必要があります。これは入塾テストとは別に受けてもらうもので、授業内容(下記参照)の関係で、ある程度の学力がなければ逆効果になってしまうためです。以下、Tクラス授業の特徴です。

  1. 授業のカリキュラム内容は、各教室Aクラスと同様のヒューマンサイエンス・ナチュラルサイエンス(以下HS・NS)で、進度自体も同じです。
  2. ただし、Aクラスよりもさらに深い内容にまで踏み込むため、基本的な事項にかける時間が短めになります。
  3. 宿題の量についてはAクラスとほぼ変わりませんが、じっくり取り組む内容のものを比較的多めに出します。
  4. 小テストや毎月の月例テストについて準備し、毎回しっかりと結果を出すことが前提です。それらが不誠実な場合は、所属教室のAクラスに戻ってもらうこともあります。

一つご理解いただきたいのは、Tクラスの授業は公立中高一貫校の検査問題攻略に完全に特化した授業ではないということです。HS・NSで扱っている内容の根幹には、『将来にわたって意欲的に学ぶ人物』を育てたいという思いがあります。当然、難解な問いを考えるだけではなく、物事の起源にさかのぼって学んだり理解したりする時間も重要です。現状の検査問題は先述した通り、記述式やその場の思考力が試される問題が多く、安易な暗記では対応できない、という意味では良質です。しかし、その訓練ばかりしていたのでは、やはり「点数を取るために学ぶ」ことになりかねないからです。
先々を見据えた上で中学・高校以降の勉強にもつながる学びを大切にするのが、クセジュ小学部全体の考え方なのです。

小6土曜特訓について

ただし、ある程度の訓練をしなければ短時間の中で高難易度の検査問題に対応できないことは事実です。そこで、小6のみAクラス・Tクラス関係なく、希望者を対象に土曜特訓を実施しています。こちらは有料となりますが、検査問題に特化した演習・解説の授業です。
土曜特訓は、小6の前期(5月~7月)、後期(9月~11月)それぞれ8回ずつの講座で、1回につき「文系検査対策90分」「理系検査対策90分」「作文対策60分」さらに必要に応じて家庭学習課題が課せられます。

以上のことをご理解いただき、ぜひTクラスに挑戦していただきたいと思います。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113