学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

クセジュ 我孫子教室

教室イベント

最新の情報につきましては我孫子教室までお問い合わせ下さい。

2年連続 筑波大附属校合格
2年連続 早慶大附属校合格
東葛飾・船橋合格率8割
県立柏合格率9割
偏差値60以上の難関校の合格率8割
第一志望校合格率8割

我孫子教室 過去5年間 高校入試合格実績

  5年間計 2017年度 2016年度 2015年度 2014年度 2013年度
東葛飾・県立船橋高校 43 7 12 7 11 6
県立柏高校 19 6 4 2 4 3
小金高校 10 1 2 2 3 2
柏南高校 11 2 2 3 1 3
柏中央高校 8 1 1 2 3 1
最難関
(筑波大附属・お茶の水女子・開成・早慶・豊島岡女子)
8 2 2 2 2
渋谷幕張・市川高校 11 3 3 1 2 2
江戸川取手高校 8 2 3 2 1
芝浦工大柏高校 33 3 6 3 13 8
専修大松戸高校 46 9 13 12 7 5
麗澤高校 27 8 5 4 6 4
土浦日大高校 118 22 25 20 32 19

我孫子教室 過去5年間(2013~2017年度)
出身中学校別高校入試合格実績

  合計 久寺家中 白山中 我孫子中 富勢中/大津ヶ中/手賀中/湖北中/湖北台中/他私立
東葛飾・県立船橋高校 43 16 17 5 5
県立柏高校 19 6 6 5 2
小金高校 10 2 6 2
柏南高校 11 7 2 2
柏中央高校 8 3 3 2
最難関
(筑波大附属・お茶の水女子・開成・早慶・豊島岡女子)
8 3 2 3
渋谷幕張・市川高校 11 4 3 3 1
江戸川取手高校 8 2 4 1 1
芝浦工大柏高校 33 13 10 7 3
専修大松戸高校 46 14 20 9 3
麗澤高校 27 11 9 5 2

教室長プロフィール

我孫子教室教室長 中村健児

我孫子教室長・理科教科主任
中村健児

プロフィール
市川高校・筑波大学第一学群自然学類卒
クセジュ講師歴9年

教育に対する熱意は誰よりも強く、時には父親のように厳しく、時には母親のように温かく子どもたちを導き、生徒、保護者からの絶大な信頼を寄せる。小学部の理系教科であるナチュラルサイエンスの副責任者時代に、日常生活の中から、疑問や興味を持ち、理科的・数学的に思考を広げるという「学びの根源的な姿勢」に重きを置いたカリキュラムを築く。熱い思いと公平な視点で生徒に寄り添う若きリーダー。

新松戸教室副教室長、我孫子教室副教室長、クセジュ小学部ナチュラルサイエンスの副責任者、クセジュ中学部数学科主任を歴任し、現在、我孫子教室長・中学部理科主任として活躍する。
入社以来、350人近くの卒業生を輩出する中、数々の実績を残してきた。驚くべきはその合格力である。

 東葛飾 63名
 県立千葉・船橋 7名
 県立柏・小金・薬園台 64名
 柏南・鎌ヶ谷・幕張総合 22名
 茨城県立土浦第一・竜ヶ崎第一 4名
 筑波大附属・開成・早慶 11名
 渋谷幕張・市川・東邦大東邦 26名
 芝浦工大柏・専修大松戸・江戸川取手・麗澤 183名
他多数合格
 (2009年度~2017年度までの中村が担当した教室・学年の合格者数の合計)

PICK UP

今年もたくさんのお声をいただきました

今年も我孫子教室から多くの生徒が新たな活躍の場へと旅立っていきました。
皆さん、高校生になってもクセジュで培った“学びの精神”を活かして下さい。Good luck to you!
2015年度卒業生の保護者から寄せられた声の一部をご紹介します。

他の塾に比べて学校のテストで点数を取る勉強ではなく、学ぶことの興味を持つ楽しさを学ぶという考えに共感し、クセジュに決めました。

我孫子中男子

先生たちの一生懸命な姿を体感しながらの勉強は、これからの人生で活きてくると思います。熱い心で仕事に向き合うことを照れずに行っていくことについても学ぶことがあったでしょう。
私自身、「学問の面白さを伝える」「様々な角度から考える」社会人を見据えての教育理念に誇りを持って、今後も子供達の育成に携わって頂きたいと思います。

白山中男子

クセジュでの、ただ勉強するという学び方ではなくあらゆる方面から学んでいくという勉強の仕方が、息子にとっては刺激的で楽しみながら勉強していたと思います。長く通っていた分、慣れも多々あり、そんな時には絶妙なタイミングで喝を入れていただいたこともありました。
何より息子の性格や性質を見極め、認めてくださったこと。息子にもそれが伝わり、先生との信頼関係を築けていたのだと感じます。だからこそ、受験期に家で弱音を吐くことはあっても、決して見せなかった涙を先生の前では流せたのだと思います。

湖北中男子

親の私たちもクセジュの先生方やお便りを通して、子どもの成長をどう受け止め、どう向き合うか学ばせて頂きました。時には、少し先回りして道先案内人になってみたり、知らん顔して本人の様子を見守ってみたり。中3になるまでに受験に対する心構えができていたので、受験期にはあまりあわてることなく、娘を見ていることができました。娘も私達も受験や高校、さらに大学の後、どんな人となり社会に出ていくのか、そのイメージを自由に大きく描くことが出来ました。それが結果的に強い支えとなり、第一志望の学校にも合格できたのだと思います。

我孫子中女子

中3の夏まで部活動を手を抜かずに続けられたのも、先生方が部活動はサボらずにしっかりやれというスタンスでいてくれたおかげだと思います。そのおかげで悔いなく部活動をやり、夏以降の気持ちの切り替えがすんなり出来、受験に向かえたような気がします。

久寺家中女子

親には全く話さないという状況が何ヶ月も続いた時期、クセジュの先生方に間に入って頂いたので本当に助かりました。中学の担任の先生には話せない事も色々と聞いて頂きました。ありがとうございました。

我孫子中女子

この一年は、子供を信じ、見守ることの難しさと向き合う日々でした。そんな私達親子を学習指導だけでなく、精神的に常に支えて下さった先生方に感謝します。最後の最後まで勉強することに抵抗する息子と向き合い、心配しすぎの私達にさりげなく子どもの気持ちを代弁したり、不安な気持ちがわかるかのタイミングでよく電話をくださり。親子共々、いつでも相談にのってもらえる環境にずいぶんと助けられました。また、保護者会やセミナーでは受験期の過ごし方を教えていただき、反抗的な態度を取る息子に対し、それが普通なんだ、受験は通過儀礼なんだと思うことが出来ました。

久寺家中男子

お電話などで話をさせて頂くたび、本当に娘の性格を把握して接して頂いていることが感じられ、安心しました。志望校は最後の最後まで無謀なチャレンジに思われ、生きた心地がしませんでしたが、頑張ることの充実感を教えていただき、結果合格を手にすることが出来ました。

白山中女子

クセジュの小学部では勉強の向き合い方や自分で調べてまとめる事、人前で話したりする事等、家庭や学校では学べないことを教えていただき、大きく成長できたととても嬉しく感謝しております。そのお陰で、中学校では積極的にクラスでの班長や委員になっていた様で、頼り無かった娘が学校では違う顔を持っていたようです。

我孫子中女子

親子で辛かった時に、親身に話を聞いてくれ、一生懸命考えてくれ、即行動をおこしてくれたお陰で、子供も頑張れました。言葉だけではないことに気づき、先生たちの対する子供の信頼は相当なものとなっています。クセジュに入ってなければ上を目指すこともなく、欲のない子になっていたと思います。周りに頑張る子が多く、刺激を受けたのでとてもいい環境を与えて頂きました。保護者向けの多数の講座も大変勉強になりました。今後も是非続けてください。娘2人とも第一志望に合格出来て、学力も根付いたと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。事務の方々にもいつも笑顔で迎えて頂き、ありがとうございました。

白山中女子

中村健児の緊急提言
『真実をお話します!』

我孫子教室開校10周年を迎えて

 クセジュ我孫子教室は、真の教育をこの我孫子の地で展開しようと、10年前に開校いたしました。
 その中で非常に苦労したことが、「安易な定期テスト対策指導」を行う塾が乱立しているという現実でした。定期テスト対策自体を否定するわけではありません。その対策方法に問題があります。「定期テストの過去問を取り揃えている」ことを誇らしく謳っている学習塾があります。仮にそれで点数が取れたところで、その子供はどんな力が身に付いたのでしょうか。暗記力を身に付けた代償があまりに大きいことに気付くでしょうか。その子供はこう考えるでしょう。「次も過去問をやればいい」その結果、授業をろくに聞きもしない。自ら勉強することをしない。与えられたものだけをこなす。子供達から主体性を奪っているとも言えます。しかし、その安易な指導が横行していたために、目先の利益よりも、先を見据えた最も理想的な学習法が良いものである、と捉えて頂くことに多大な時間がかかりました。

 そんな中、クセジュがこの地に根差すことによって、少なくともクセジュに通う生徒たちの学ぶ姿勢が大きく変化していきました。高校入試で高い合格実績を出し続けているのは、何よりの裏付けであると自負しております。

 クセジュには、主体性を引き出すために子どもたちの興味関心を最大限に引き出し、盤石な基礎学力を付ける唯一無二の授業があります。そして、クセジュ創立から現在に至るまでの32年間一貫して以下の3つのポイントを学力養成の土台に据えてきました。

  1. 1.知識と技能を正確に身に付け、その背景も理解する力
  2. 2.身に付けた知識や技能を組み合わせて用い、応用問題を解決する力
  3. 3.答えが1つにきまらない問題を独自の着眼点と発想力でアプローチし、新たな創造的価値を創出する力

 ところで、保護者の皆様は、21世紀型能力についてご存知でしょうか。2020年に迎える大学入試改革に向けて、文部科学省が提唱している能力です。これからの大学入試、高校入試において問われる学力が21世紀型能力に変化していくということです。

21世紀型能力とは

基礎力は暗記力、計算処理力を意味します。これは長い間主流となっていた学力です。ここ十数年の間に大幅に変化を遂げているのが2つ目の思考力です。ただ知っているのではなく、つながりを含めて理解していること。問題を発見し解決していく力も思考力に含まれます。この思考力が千葉県立高校の入試で問われるようになってから、入試問題は劇的に難化しました。教科、年度によっては、千葉県高校入試全体の平均点が50点を下回ることが少なくありません。これは子供達の学力が低下しているからではありません。暗記しているだけでは通用しない問題が出題されるようになっているからなのです。そして、これからは実践力が求められます。これは独創的な視点、的確に伝える表現力などを指します。言い換えるなら、その人にしか出来ないこと、と言うこともできます。

 少し話は逸れますが、人工知能(AI)が急速に進化していることが、よくニュースで話題になります。今後、多くの仕事はAIにとって変わるのは間違いありません。そうした社会になったときに、「その人にしか出来ないこと」が無い人はどんどん淘汰されてしまう可能性が非常に高いのです。

 この21世紀型能力とクセジュのこだわる3つのポイントを見比べて頂くとお分り頂けると思いますが、クセジュの目指す方向に、ようやく日本の目指すものが合致してきたと言えます。

 これからの日本では、こうした「力」を備えた人材が必要とされます。これらの力を身に付けるためには、子供達の主体性は必要不可欠です。人材育成に伴い中学・高校入試では入試問題に変化が出ています。しかし、その大きな変化の中にあって、唯一変化しようとしないものがあります。それが多くの学習塾なのです。子供達に学力を付けることを使命とする学習塾が、事もあろうに暗記に頼り子供たちの主体性を奪う……本物の学力を付ける妨げとなっているということです。

 だからクセジュは我孫子地域で教育活動を展開しているのです。

 クセジュでしか学べないことがたくさんあります。クセジュでしか学べないと言っても、中学校で学ぶことを全て包含した内容をカリキュラムとして組んでいます。先述の通り、クセジュは「学び」に対してこだわりを持っています。ただ知識を覚えるだけではなく、なぜそうなるのか、その背景にはどんなものがあるのかといった点まで深く学び、“教養”として身に付けていきます。教科書に載っている言葉からドラマチックな世界を学ぶことが出来るのです。このような授業を受けることで、多くの子供達が「もっと知りたい」「もっと学びたい」と思えるようになります。わざわざ塾へ行くわけですから、学校で学ぶことと同じことをもう一度学ぶためにお金と時間と労力をかけるのは非常にもったいない。ただでさえ忙しい青春時代ですから、効率よく沢山のことを学んでいってほしいと思います。

 この理想的な学びを実現させるためには、授業の受け方から変えていかなくてはなりません。意外なことに授業の受け方、ノートの取り方をよく知らない小中学生が非常に多いのです。知らないがゆえに授業中の吸収率が悪く、定期テスト対策に必要以上に時間を割かなくてはならない場合が多いのです。クセジュが新たに確立した「アクティブラーニング型学習法(AL法)」に基づいて勉強のやり方を変えていくことで、定期テスト対策の時間が大幅に変わります。そしてテストの結果も劇的に変化が出せるのです。

 他では絶対に真似できない指導法がクセジュにはあります。クセジュに通うかどうかはともかく、正しい教育のあり方を我孫子地域の皆様に知っていただきたいと思っています。ぜひ一度クセジュ我孫子教室にご来訪ください。


教室インフォメーション

所在地 千葉県我孫子市我孫子1-10-20ラ・カンパネラ4F
お問い合わせ 0120-746-113(午後1時~午後9時)

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113