エレメンタリーイングリッシュ EE

教養も身につく英語 ~ツールとしての英語の先に広がる教養の世界を知る~

 小さいころから英語を習っていたのに、なぜか中学校に進学してから英語の成績が上がらなかったり英語が嫌いになってしまったりする子どもをよく見かけますが、それは楽しく気楽に接していたはずの英語が中学校になってから急速に学術的になるためです。しっかりとした単語力や文を構造的に理解することが必要であるという実情に対応できなくなってしまうのです。ですからクセジュでは聞く・話す・読む・書くのバランスを重視した「学問としての英語」を段階的に身につけていきます。特に英語という言語そのものの歴史や英語圏の文化にも深く触れる機会を作り、英語を単なるスキルとしてとらえるのではなく、学問の対象として英語そのものに興味関心が持てるようカリキュラムを組んでいます。  戻る