学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

塾クセジュ夏期講習

クセジュの夏期講習がスタート!

夏期に関する説明会・体験授業は全て終了しました。募集は引き続き行っておりますので、まずは最寄りの教室にお問い合わせ下さい。

小学部コンセプトクセジュの夏休みは、こんな授業をします

夏期講習前期(7/23~7/26、7/28~7/31)

HS(ヒューマンサイエンス) NS(ナチュラルサイエンス) EE(エレメンタリーイングリッシュ)
4年生 特産物から学ぶ日本地理 広さを調べよう ロールプレーを楽しもう
辞書の引き方をマスター
5年生 日本の歴史マスター①
~古代から江戸時代までの日本~
円の弧の長さと面積
~円周率物語~
一般動詞マスター講座
6年生 小説家養成講座① 速いもの選手権 英語で日記を書く力をつけよう①

夏期講習後期(8/23~8/26、8/28~8/31)

HS(ヒューマンサイエンス) NS(ナチュラルサイエンス) EE(エレメンタリーイングリッシュ)
4年生 もっと知りたい世界の国 日本語を算数で解読 辞書を使い洋書を翻訳
英語劇に挑戦
5年生 日本の歴史マスター②
~古代から江戸時代までの日本~
ガリレオの考えたこと be動詞マスター講座
6年生 小説家養成講座② 求積総合演習 英語で日記を書く力をつけよう②

小学部授業の特徴

小4『東京ドーム○個分ってどのくらいの広さなの?』

4年NSの「面積」を学ぶ授業では、パズル感覚で面積の根本概念を意識しつつ、面積の意味や活用法を理解していきます。公式の暗記にとどまらずに、面積の概念をしっかりと理解し、日常生活のなかで活用できるようになります。

小5『もしも織田信長が天下統一を果たしていたら?』

5年HSでは、古代から江戸時代までの日本の歴史を中心に学んでいきます。ただ歴史上の出来事や人物の業績について学ぶだけでなく、「なぜ」を考えながら、歴史を物語としてとらえていきます。「歴史にif(もし…だったら)はない」とよく言いますが、クセジュの授業ではあえて「もし○○だったら」ということも考えつつ、歴史上の人物を主人公にしたお話を考えたりと、さまざまな角度から歴史の大きなうなりや流れる感じる授業を展開していきます。

この夏、君も作家デビュー ~この気持ちをどう表現しよう?~

6年HSは、クセジュ小学部の伝統の「小説家養成講座」で最終的にはオリジナルの物語を完成させます。授業では、物語の構成や展開のしかたについて学んだり、効果的な表現の技法についても学びます。既存の物語を“オマージュ”にして新しいお話をつくったり、映画の“スピンオフ”のように、別の視点から人物の心情を描きだすなど、長いストーリーを書きあげる体験を通じて文章を書くことに慣れ、さらには文章を書くことの楽しさを実感することができるこの講座です。

クセジュの夏期講習に出ると、ここが「変わる」。

  • この夏、身につけるずっとつかえる学習の姿勢
    興味関心を持つ・自分で調べみる・自分なりにまとめてみるという学習の基本姿勢が身につく。
  • 授業を受けながら、自由研究も読書感想文などの課題も進む
    自分の考えや成果を「人に伝える/伝わる」アウトプットする方法を身につけられる。
  • 得意な分野も苦手だった分野もブラッシュアップできる
    クセジュの授業+家庭学習で基本事項が身につく。

中1学年コンセプトクセジュの夏。「大好き」を研究する夏。

「勉強なんてやりたくない」、「授業を聞いていると眠くなる」
―そう思ったことはないでしょうか。もしこれを読んでいるあなたが、これまでに一度でもそう思ったことがあるとしたら、それは普通のことです。世間では、まだまだ「勉強=面白くないもの」というイメージが広がっています。

なぜ勉強が面白くないのか?
それは、「テストに向けて覚えるだけ」、「将来には何の役にも立たない」。勉強とはそういうものだと思われているからです。「結局、大学に行けば終わりでしょ」という声まで聞こえてきます。

しかし、実際は違います。
ゲームも、車も、宇宙服まで、全ては「誰かの勉強」から生み出されたものです。こう言った方がわかりやすいでしょうか。多くのものが、「誰かの研究」から生み出されている、と。つまり、「勉強」の真の姿、それは「研究」なのです。そして、「研究」とは「好きなものについてトコトン考え、様々な角度から色々な可能性を探ってみること」です。

クセジュの夏期講習は、あなたの研究をお手伝いします。
「国・数・英・理・社」という、学校で決められた「五教科」の枠に縛られない、様々な領域に広がるカリキュラムによって、眠っていた才能を目覚めさせ、あらゆる分野への深い好奇心を呼び起こします。時代を超え、ジャンルをまたぐ授業は、きっとあなたの「大好き」を探し当てます。
退屈な「勉強」から、「大好き」の「研究」へ。クセジュの夏期講習で「授業」の常識を覆し、最高に充実した夏を始めましょう。

クセジュの夏期講習に出ると、ここが「変わる」。

  • 一学期の学習内容が完璧にわかるようになる。
  • 毎日、新しい知識が手に入り、今まで知らなかった世界にも興味を持てるようになる。
  • 何事に対しても「どうなっているんだろう」、「なぜなんだろう」と考える、知的関心が高まる。
  • 「大好き」な教科が見つかる。
  • そして、勉強が好きになる。

カリキュラムピックアップ

国語より

いろは歌

上は「いろは歌」。今から1000年ほど前に作られたとされています。実はこの「いろは歌」には多くの謎が秘められているのです。例えば、見慣れない文字二つを含め数えてみると、文字は全部で「47」。現在使われている「五十音」には「3」足りません。しかも、現代では「ゐ」と「ゑ」の二文字は見かけません。そうすると、現代の文字は、1000年前の文字から「2」減って、「5」増えたことになります。それらの文字は一体どこからやってきて、どこへ向かったのでしょうか。この日本語の謎に、迫ります。

サマースクール

昨年のサマースクールの様子

クセジュの夏は、教室の中の学習だけに留まりません。「学ぶことが楽しい」と本当に思える状態、それは「全ての楽しいこと=学び」だと思える状態と言えるでしょう。クセジュではこの理想的な状態を「サマースクール」という野外学習イベントで体現します。頭を使って密室からの脱出を図ったり、昆虫を採集したり、一見あそびのような取り組みも深い学びにつながるという「クセジュでしか出来ない体験」を、この夏にしてみませんか。

中2学年コンセプト一歩踏み込んだ、本当の学びを

中2の夏。ようやく新しいクラスに慣れてきた。「先輩」と呼ばれることに最初は照れくささがあったけど、最近では先輩らしくなってきた自分がいる。今まではまったく気にしなかった洋服や髪型になぜか気をつかうようになってきた。こんな「変化」が今起きていませんか?

この「変化」は勉強でも起きています。中1までと同じように勉強しているはずなのに、なぜか頭に入ってこない。学校の定期テストがいきなり難しくなってきた。親や学校の先生は「とにかく覚えればいい。」と簡単に言うけれど、意味もわからないのに覚えるって何か違うんじゃないか。それが本当の勉強なのか。…そんなとまどいや焦り、疑問、失望感がモヤモヤと頭の中をかけめぐる。
「勉強って何?」「なぜ勉強するの?テストで点数が取れればそれでいいの?」と少しでも感じている人に伝えたい。キミは正しい。中2で学習する内容は単なる勉強から「学問に深化したもの」で、複雑なものばかりです。学校や参考書では「暗記すればいい」で片づけてしまう公式や定理、さらには歴史上の出来事など、私達が学ぶあらゆる学問には想像をはるかに超える人間ドラマが隠されています。数100年さらには1000年以上の間、学者たちが考えに考えた結果の結論が、キミの目の前にある公式や定理だったりするわけです。実は何百年も学者が考えてきたにも関わらずその原理真理が解明されていないことだって、たくさんあるんです。

そういった学問的背景からアプローチする、暗記だけで済ませない授業。それがクセジュです。中2の夏、経験したことのない学問の素晴らしさを体感してみませんか。

クセジュの夏期講習に出ると、ここが「変わる」。

  • 自分の知識をもとに深く思考する力
  • 身の回りで起こっていることをさまざまな方向から見つめる力
  • 2学期以降の中学校や、高校受験、将来において発揮できる力

数学「確率」

あなたは3つのドアを見せられる。1つのドアの後ろには景品(アタリ)があり、他の2つのドアの後ろには何もない(ハズレ)。あなたが最初に1つのドアを選んだ後に、あなたが選ばなかった2つのドアのうちの1つを開けて、ハズレの場所を1つ教える。そして、あなたに「最初に選んだドアのままでいいか、それとももう1つの閉じているドアに変更するか?」と尋ねられる。さて、あなたはどうする?

これは世界的に有名な確率の問題で「モンティ・ホール問題」と呼ばれています。このモンティ・ホール問題に対し、ギネス上最高IQ保持者がある答えを出しました。すると博士号所持者や数学者などを含む多くの人から反論や批判が起こり、全米を巻き込んでの論争になりました。「理論的にどちらが“なぜ”正しいのか」までを考えると「あれ??」となってしまうからです。確率とはギャンブル(ゲーム)から発展した分野です。ガリレオやパスカルといった偉人達がギャンブル(ゲーム)に勝つための必勝法として理論的に考えた分野でもあります。
「どちらを選択することが理論的にベストなのか?」─クセジュで確率を学べば、キミが次に何かを選択する必要に迫られた時、カンに頼らなくて済むことでしょう。

社会「ブラジルってどんな国?」

オリンピック・コーヒー・サッカー・サンバ・アマゾン・カーニバル・シェラスコ…。
8月5日~21日。ちょうどクセジュが長いお休みになっている間、ブラジル・リオデジャネイロで南米初の夏季オリンピックが開催されます。
ブラジルまで飛行機で行くと、アメリカ経由で乗り継ぎ時間も含め約25時間。日本から最も遠い国の一つです。にもかかわらず、日本とは深い関わりがあります。世界でも有数の農業大国ブラジル、特にコーヒーが有名ですね。ブラジルは1880年代に奴隷制を廃止したあと、コーヒー農園の拡大のため、日本からの移民を積極的に受け入れました。当時、日本人の農業労働力は評価が高く、ブラジルの農業開発の一翼を担いました。現在では日本もブラジルから鶏肉、大豆、言わずもがなコーヒーと、様々なものを輸入しています。夏期講習では、今一番ホットな国ブラジルが中心となった世界地図を広げてみましょう。そして、リオからトーキョーへ五輪旗がバトンタッチされる瞬間を楽しみにしましょう。

中3学年コンセプトこの夏、高校入試に必要な知識をすべて伝授します!!

塾クセジュ中3学年責任者菊地健哲中学3年生の1学期は大忙しです。修学旅行があり、中学校によっては体育祭があり、そして運動系の部活動に入っている人は最後の大会に向けて猛練習をしていることでしょう(吹奏楽部等の文化系部活動や駅伝部に入っている人は秋まで部活が続くわけですが)。
一学期が終わると夏休みです。中学3年生の皆さんは「この夏休みから本格的に高校入試に向けた受験勉強を始めるぞ!」と考えていると思います。でも、受験勉強って何なのでしょうか?

中学3年生で学ぶ内容と、高校入試に出る内容はまったく違います

こんなことを言うと「え!?何を言ってるんですか?」と皆さんは思うかもしれません。しかし、受験指導のプロである私から言わせると実は正論なのです。
皆さんが中学校で学んでいることは、高校入試で勝利を勝ち取るためには必要最低限の知識です。ところが、高校入試では私立入試のみならず、公立入試でさえも中学校で習ったことがそのまま出題されることはまずありません。ワンランク上の知識と思考力が当たり前に求められるのです。中学校の定期テストでいくら良い成績を取ることができたとしても、必ずしもそれが高校入試に反映されない――それが今の高校入試の実情なのです。

県立難関校(東葛飾・県立船橋・小金・県立柏)を目指すならクセジュしかない

そこで、クセジュの夏期講習&夏期特訓では5教科すべての授業において「高校入試に出る知識」を皆さんに伝授します。中学3年間(実質はまだ2年半ですが)で学んできた内容が、高校入試ではどのようにアレンジされて出題されるのか?入試本番では皆さんが持っている知識をどのように活用する力を求められるのか?夏期講習&夏期特訓はこのようなテーマで授業を進めていきます。
このようなテーマで授業をやっているからこそ、クセジュは東葛飾や小金、県立柏などの県立難関校にたくさんの合格者が出ているのです。

江戸川台教室授業風景もしかすると、「クセジュに今から入塾して、授業についていけるだろうか?」と不安を感じる方がいるかもしれません。私たちはそんな皆さんの不安を十分理解しています。ですから、夏期講習から入塾する方限定の英語数学補習を、夏休み中(もしかすると夏休みに入る前から)無料で実施していきます。
皆さんの高校入試がスタートする2017年1月(国公立高校入試は2月実施)まで、十分に時間はあります。「憧れていた難関校に入学する!」という夢実現に向け、私たちクセジュ講師陣は全力で皆さんをサポートします。高い目標を持っている受験生の皆さん、ほんの少しの勇気を持って、ぜひクセジュに入塾してください。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113