学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

[やみつきニュース]「どうして文法を習うの?」

2017.11.04 松葉教室ブログ

こんにちは、松葉教室講師の鈴木杏です。前回の漢字はどうだったでしょうか?前回に続いて、今回もどうして?の視点で見ていきたいと思います。

第二回目の今回は「どうして文法を習うの?」です。

文法は苦手、という生徒も多くいます。もう喋れる日本語をどうしてまた詳しくやるのでしょうか。次に例をあげてみました。どこに違和感があるかみてみましょう。

“これは、レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた「モナ・リザ」という絵です。この絵の特徴は、どの角度から見ても女性と目が合います。”

これは「全国学力・学習状況調査」で中学校三年生に出されたものです。正解率は50.8%の正答率だったそうですが、わかったでしょうか?
この絵の特徴は、どの角度から見ても女性と目が合うことです。こうすると、ぴったり来ると思います。
この絵の特徴は、の「は」は助詞の副助詞というものです。「は」は実はこれから話す内容を示す役割があります。何か話すときに、「これはね、」といったりしたことがありませんか?

このように、いつも喋るような感覚で自然に書き始めてしまうと、文章の最初と最後がちぐはぐになってしまうことがよくあります。よく小学校で「話し言葉」と言われるものです。これが起きないように、話し言葉の反対、「書き言葉」を身に着けるにはどうしたらいいでしょうか。

そうです、文法を勉強することで書き言葉はぐんぐん成長します!

ただしく整った文章を書くことは、実は本当に難しいことです。文章の始めを書きながら、終わりを想像しなくてはいけません。それに慣れたり、正しく言葉を選んだりするために「文法」というものが用意されています。
文章を書くとき、文法を意識していますか?ぜひ一度自分の文章を見直してみてください。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113