学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

[ちなみに]あと7ヶ月!

2017.06.16 江戸川台教室ブログ

 こんにちは堀内です。一か月ぶりの登場で、なんだかもはや懐かしい気持ちにすらなりますね……。
 さて、多くの生徒がすでに中間テストを終え、すでに順位までの結果が出そろっている時期になりました。前回私が担当した記事では、「定期テスト勉強と受験勉強は乖離しない!」なんて話をしましたが、意識して取り組めたでしょうか? 点数や順位といった結果だけを見て言うと、これまでの最高順位をとった生徒がいたり、その学校の上位層をクセジュ生が占めていたり(!)と、なかなか健闘してくれたようです。みんなお疲れさま!
 ただ、だからと言って気が抜けないのが悲しいところというか、踏ん張りどころというか……。中間テストが終わったばかりだというのに、そろそろ期末テストの準備もしなくてはなりません。学校によっては修学旅行にも行く時期なので、かなり忙しいですね。
 時間のない中で、「定期テスト勉強≒受験勉強」とするためにはどうしたらよいでしょうか?
 中学二年生までの定期テストでは、例えば「社会はワークをやっておけばとりあえず大丈夫」「英語は教科書の文がそのまま出るから暗記しなきゃ」といったような勉強方法をとることが多いかと思います。何をしておけば大丈夫なのかを認識して、それに合ったことをやるのはとても効率的で、実際これで結果が出ますが、「受験勉強」というくくりで見るとこれだけでは不十分ですね。受験勉強においてはその単元を「本当に理解しているかどうか」「自分の中で納得できているか」がとても大切になってきます。
 例えば社会だったら、学校の資料集を利用して教科書に書いてあることの関連知識を増やしたり、写真でビジュアル的に知ったりしてみてはどうでしょう。「教科書の文と文のスキマを埋める」ことを意識してみてください。また、英語や数学などの教科は、学校のワークだけにとどまらずにクセジュのテキストを使って演習量を増やしてみるといいですね。「学校のワークだと解けたけど、クセジュのテキストだと案外×が多い」なんて場合は自分がどこで躓いているのか立ち戻って探してみましょう。
 皆さんの入試デビュー戦まで、あと約7か月……!

ちなみに、中学生の頃社会の資料集を眺めるのが趣味だったときがあります

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113