学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

[新松戸photolog]『本』というアイデアの井戸

2017.02.13 教室ブログ

こんにちは、講師の濱中です。
実は私、いつもはこの新松戸photologの編集を行っているのですが、久々の執筆です。

この2月から、いよいよクセジュ新中1プレコースが開講しました!
国語のテーマは「『星の王子さま』を読む」。
先日の石井先生の記事にある通り、1冊の本をテキストとして授業を展開していきます。
例えば、前回の授業ではこんなことをしました。

170213クセジュ新松戸教室

この回で読んでいたのは小説冒頭、
「おとなはいつも自分たちだけじゃなにもわからないから、子どもはいつもいつも説明する必要があっていやになる」
という内容。

ふつうに考えると、説明が必要なのは子どもの方です。それなのに作者は、「おとなたちには、いつだって説明がいる」と書いているのです。
これはどういうことでしょう?
おとなと子どもの違いって、何なのでしょうか?

それを考えてみるために、授業ではあるゲームをしました。
私がつくり、勝手に「アイデア(連想)の井戸」と読んでいるゲームです。
ルールは簡単、ある問いに対する自分の答えをできるだけ多く書き出し、制限時間内で白板に描かれた円をいっぱいにするというもの。

こうやってゲームにしてみると、おとなと子どもの違いとは「体力」「財布の中身」「責任」「住む世界」「選挙権」「発想力」「睡眠時間」「人生の残り時間」などなど、たくさんの答えが湧きでてきますね。

ここでの意見をもとにして、クセジュ生たちはこの本をどのように解釈していくのか。
これからの授業が楽しみです。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113