学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

[ちなみのちなみに]世界を創ること

2016.08.30 教室ブログ

例年、夏期講習期間を使って、小学六年生は「小説を書く」ということにチャレンジしています。
160830クセジュ江戸川台教室
最後まで書き上げて小学館の「12歳の文学賞」に応募してみよう、という目標に向けて7月から今年もコツコツ頑張ってきました。チラホラと、すでに完成させた子が出てきています。
お疲れ様でした!

小説を書くときに楽しいのは、「どんな物語を書こうかな」とか「こんな話面白いんじゃない?」とあれこれ考えてる時間かな、と私は思ってます。しかしその楽しいことをいざ文字にして書き出していくと、完成させるのがなかなか大変です。
締め切りがあったりすると特に。
だから、

「もう早く終わらせたいし、内容少しけずっちゃえばいいんじゃない?」

なんて悪魔のささやきが聞こえてきた生徒もいたんじゃないかな。

最後まで悪魔に負けずに、自分の書きたいものを書ききってほしいですね!
何より、自分の思いえがいた通りの作品をちゃんと作り出せた、最後までやり遂げられたという達成感が、あとあと様々なところで自信につながると思います。

将来小説家になりたいと思って自分から執筆するのでない限り、長めの小説を書くという機会はあんまりないだろうと思います。だから中学部からクセジュに通い始めました、という生徒さんはひょっとすると小説なんて書いたことありません!という人が多いのかな?
そろそろ夏休みも終わり学校が始まってしまいますが、もし小説を書いたことがないぞ、という人はひとつチャレンジしてみてはどうでしょう。小説の執筆というのは、言葉を操って、自分だけの世界を作りあげていく、そんなロマンチックな作業です。
たとえ時間がかかってしまっても、完成したときにはきっと皆さんのなかに残るものがあるはずです。
是非この機会に挑戦してみてください。

ちなみに、教室掲示・講師紹介コーナーの土田先生の写真がはがれかけてることに気がつきました

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113