学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

エレメンタリーイングリッシュ紹介!

2016.06.16 教室レポート

160614塾クセジュEE01
広報、黒沢です。
今回は我孫子教室で行われたEE(エレメンタリーイングリシュ)授業のベーシッククラス(小4:英語初心者対象)を取材しました。このEEとは、小学部を対象とした英語の授業で、担当は宇留野先生です。

授業が始まる少し前に教室に入った際、先生と生徒達は「今度の遠足は…」とか「宿題はやってきましたか?」等々、ごく自然に会話をしていたのですが、いざ授業開始時間になると、いきなり双方が英語による挨拶を交わし始めたんです。先生はもちろんですが、生徒達もなかなかに流暢。おお…。

そんな様子にビックリしているうちに授業はスタート。先生はボードに全アルファベットのカードを掲示して、その1つ1つの発音についてのレクチャーをしていくのですが、例えばVの場合「携帯のバイブの様に…」と。なるほど、とても分かりやすい。この様に、何かに例えたり、ゴロ合わせなどによって教えてもらうと頭にしっかり残りますね。
こうした風景を見ていたら、昔覚えた「10年はデッケエど(decade)」というフレーズを急に思い出したりしました。

160614塾クセジュEE02
その後、数量をあらわす基本的な英単語の復習や、個別の発音チェックを経て、今度はリズムに合わせての基本会話練習になりました。
先生がポンポンとリズミカルに手拍子を打ち、生徒達はそのリズムに合わせて基本的な会話文を反復していきます。リズムに合わせて英会話をしている様子は、ちょっと“ラップ”を連想させたり。

160614塾クセジュEE03
それにしても、取材前に想像していたイメージとは異なり、この“ラップ”調のスタイル然り、発音重視の展開然り、このEE授業からは、細やか、かつ全体的にとてもアクティブな印象を受けました。
目と耳に加え、身体も使って体感的に学ぶ事で、生徒達は英語に対し、より自然に親しみを覚えているのでしょう。
そして、こうした自分の時代には無かった学習スタイルを目にし、とても感心した一方、何だか生徒達がちょっとうらやましい(?)様な気持ちも沸き上がった今回の取材でした。

では、宇留野先生ありがとうございました。
またどこかの教室に出没しますので、よろしくお願いします。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113