学習塾クセジュ

小学生、中学生、高校生のための学習塾 クセジュ
千葉県:江戸川台/柏/松葉/新松戸/我孫子

授業料のご案内 資料請求/お問い合わせ

[カシログ]文を作ること

2016.05.27 教室ブログ

柏教室の小学生には、月に1回、作文を書いてもらっています。

一般的に作文に苦手意識を持っている生徒はとても多いです。
作文が苦手だという保護者の方からの相談もよく受けます。

今日は4年生の生徒たちに作文を書いてもらいました。

作文のテーマは「親子」です。
160527クセジュ柏教室

今月の授業で芥川龍之介の「杜子春」を読みました。
物語の中では親が子を思う気持ちが描かれています。
これに関連したテーマとして子供たちに提示しました。

作文が上手になるためには、やはりたくさん書くことが大事です。
そして、子供たちの作文の良いところを徹底的に褒めることです。

添削してあげることも大事なことです。
でも、まずは作文を書くこと自体が楽しいと思わせなければいけません。

だから、私は授業の中で生徒の書いた作文を読み上げます。
その時は、誰が書いたのか分からないようにして読みます。

そして、読みながらその作文の良いところを指摘します。
同時に子供たちにもコメントをもらいます。

みんなで楽しく作文を読む。
そして、みんなに自分の作文の良いところを言ってもらう。
これが私流の作文を楽しくさせる方法です。

これを続けていくと、生徒たちは作文を書くときに「受け(笑いという意味だけではなく)」を狙ってくるようになります。

これがとても大事なのです。

多くの生徒は作文を書くときに読む人を意識していません。
ですから、読み手を意識するだけで、作文の内容は劇的に変わるのです。

作文は読み手を想像しながら、楽しんで書くことが何よりも大切です。

字が雑だとか、言葉の使い方がおかしいとか、細かいことを見れば直したいところはたくさんあります。
でも、それは作文を書くのが楽しくなって、「もっと良い文を書きたい!」と思った時に言ってあげれば良いと思っています。

入塾テスト メールフォームはこちら

お電話によるお問い合わせ

お問い合わせは最寄の教室までお気軽にご連絡ください。
お電話による受付は平日午後1時~午後9時までとなります。
高校部へのお問い合わせは、お手数ですが「高校部HPのフォーム」からお願い致します。

江戸川台教室 0120-155-207
柏教室 0120-141-257
松葉教室 0120-140-207
新松戸教室 0120-309-876
我孫子教室 0120-746-113